本文へスキップ

国際ロータリー第2770地区 第4グループ

岩槻東ロータリークラブ

 

クラブの国際奉仕事業の一環として、”資源回収でカンボジアに井戸を贈ろう!” 会員・会員企業より排出された古紙を回収、リサイクル用として売却し、得た資金で衛生的な水を提供。又、フィリピンマラボンRCと協力し、コンピューターの購入と指導者への支援、並びに洋裁教室へのミシンの提供や、教室の運営資金の援助なども行ってきました。





社会奉仕活動報告topics


毎年行っている「岩槻まつり」の当日、ふれあい広場と称して一宿商店街の一角をお借りして、初めての試みとして、めだかやドジョウ掬い、また、チョコバナナやポップコーンなども販売いたしました。売上金は東日本震災や熊本地震への支援金として、埼玉新聞事業者を通じて寄付を行いました。地元の子供たちは大喜びで楽しんでおりました。




最新活動報告topics



小宮年度「岩槻まつり例会」を行いました。


去る8月19日(日)岩槻まつり例会に於いて、流しそうめん、ポップコーン、チョコバナナ、掛そうめん、生ビールなどの販売を一宿通りにてPM3時から6時まで行いました。売り上げの一部を「手をつなぐ育成会」に支援金として、贈呈しました。前日からの猛暑も幾分収まり、平年に無く人出が多く、祭り自身も賑わいを見せていました。その分、売り上げも好調でした。初めての試みでしたが、流しそうめんは子供達にとても人気が有りました。


丹野年度の最終例会を行いました。


平成30年6月24日(日)PM4:30より、明治記念館にて、丹野寿明年度の最終例会を開催いたしました。会員・ご来賓・ご家族・米山、青少年交換学生を含めて総勢38名で行いました。梅雨の晴れ間の穏やかな日差しを受けて庭園の芝生も色あでやかな雰囲気の下に盛会裏の内に楽しい最終例会を行う事が出来ました。(写真は開会前の明治記念館 若竹の間の様子です。)


3月27日(火)米山奨学生ジョルダン・アレハンドロ君のご両親を招いてお花見例会を行いました。


お林公園の桜は丁度満開でした。ジョルダン君はコロンビア出身で、ご家族は現在スペインにお住まいとの事でした。家族で、コロンビアの国歌を歌ってくださいました。青少年交換学生のタリータさんとホストファミリーの稲山様も出席され、会員皆と賑やかに花見例会の交流が出来ました。


補助金事業を行いました。


12/2(土)12月にしては珍しい暖かな日となりました。埼玉県立児童養護施設いわつきに於いて「移動動物園」を開設いたしました。園内の子供達約120名位が、普段触ることも無いやぎ・豚・うさぎ・かめ・へび・羊等など、多くの動物たちと触れ合い、抱っこしたり追いかけたり、エサやりをして一日楽しく過ごしました。施設の関係で楽しそうな笑顔の多くを掲載できないのが、残念です。

家族同伴親睦旅行を行いました。


11/19(日)・20(月)北海道新幹線にて函館方面への家族同伴親睦旅行に行きました。総勢16名、函館は前日の雪が残っており、吹雪いて寒い一日でした。到着した日は函館山の夜景をロープウェイに乗って見に行きました。中国からの観光客でとても混んでおりました。二日目は重要文化財の旧函館区公会堂や五稜郭、高田屋嘉兵衛資料館などを見学いたしました。寒い2日間でしたが、夜は美味しい蟹料理とカラオケで盛り上がりました。



公式訪問例会が開催されました。


10/31(火)、丹野年度最大のイベントとも云える「公式訪問例会がさいたま市民会館いわつきにて開催されました。2日前の台風の余波による影響も無く、当日は爽やかな秋晴れに恵まれ、通常の出席率を遥かに超える会員の出席を得て、大貫 等ガバナー、清水 恒信ガバナー補佐のご指導のもと、例会に続いて、クラブ協議会と終日、和やかな雰囲気と共に厳粛な内に終了することができました。中でも増渕 明新会員の入会式も行う事が出来、ガバナーより思い出に残るバッチを胸に付けて頂くことが出来ました。



7月に2名の新会員が誕生しました。


7/18(火) (故)青山 いづみ会員のご子息、熊木 景さんが入会いたしました。直前の入会者飛田 美佐子会員より、花束の贈呈を受けました。





更新情報news

2018年7月3日 (火)
2018-19年度版に更新しました。
2018年9月14日(火)    
例会案内(9〜11月)更新 NEW!

ロータリーの目的topics

 


四つのテストtopics